1 / 2-SeriesBMWBMW

2011年モデルからBMW 135iのエンジンが変更

現BMWラインアップの中でも「最もエクセレントなエンジン」と称えられているN54ツインターボチャージャーの3.0リッターエンジン。135iに搭載されていますが、2011年モデル(2010年秋~)からN55という新しいエンジンにアップグレードされます(USモデル)。N55はツインスクロール・ターボとなります。ツインという名前から誤解がされやすいが、ツインスクロールターボはシングルターボです。

ツインスクロール・ターボの特徴は、低回転域のトルクを重視している点。
変更の理由は「モア エフィシエント」。BMW全社のスローガンとなっている「エフィシエント ダイナミックス」に基づき、N54に燃費効率の改善が図られる。
また、このエンジンに組み合わせ可能となるのが7速DCTダブルクラッチシステム。これは恐らくオプションになると思われます。

また、オーディオ関係も一新される。HiFi System Professionalから、ハイエンドオーディオの雄、Harman Kardonのサラウンドシステムへと変更されます。

フォトコレクション

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

Close
Close