A6 / A7

2015 Audi A7&S7 Sportback フェイスリフトを公開

独アウディは、大型5ドアリフトバック「A7スポーツバック」として始めてとなるフェイスリフトを行います。2010年秋の発売以来、4年でのLCI実行になり、エクステリアのリフレッシュとテクノロジーアップデートが行われています。

エクステリアの主なリフレッシュポイントは、シングルフレームグリルの再構成と新しいLEDヘッドライト&テールライトとなります。特にマトリクスLEDヘッドライトと呼ばれるヘッドライトシステムが採用されたことに注目です。
マトリクスLEDヘッドライトは、フロントに搭載したカメラが対向車や先行車、自転車や歩行者を検知すると、自動で光量を落としたり、消灯したり、そして幻惑する可能性のあるクルマがいなくなれば、ふたたび、最大まで自動で戻したりする「考えるヘッドライティングシステム」です。

2015年モデルA7スポーツバックのエンジンは、2基のガソリンと3基のディーゼルユニットが用意されます。
A7スポーツバックのモデルリーダーとなるのは、最高出力268hpを発生する3.0リッターTDIクリーンディーゼルエンジンです。前モデルが最高出力245hpですので、約20hp出力がアップしています。

S7スポーツバックには、最高出力444hpを発生する4.0リッターV8ツインターボエンジン(EA824シリーズ)が搭載されます。ターボチャージャーをシリンダーバンク間に配置する「BMW方式」です。また、このエンジンの特徴は、低負荷時に4気筒を休止するシリンダーオンデマンド機構を備えている点です。VW ゴルフ7に搭載の気筒休止システムは、このアウディの技術を転用したものです。このV8は90°位相なので、両バンクの2気筒づつ休止する仕組みとなっています。
このエンジンには、8速Sティプトロニックトランスミッションと組み合わされます。

2015 Audi S7 Sportbackオフィシャルフォト

2015 Audi A7 Sportbackオフィシャルフォト

オフィシャルビデオ:Audi A7 Sportback and S7 Sportback

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close