AudiQ-Series

Audi Q1 2011年にも登場か?

ジュネーブショウで華々しくデビューしたAudi A1。S-Lineも登場し、早くも派生モデルの展開がささやかれている中、俄然現実味を帯びてきたのがベイビーSUVのQ1です。事の発端はVWコンチェルンの末っ子、ScodaがYetiというコンセプトカーを発表しウェブ展開がスタートしている。
このプラットホームを、VW Polo SUVとAudiQ1、そしてScoda Yetiと共通化する、という計画があるようです。CARMAGAZINE曰く「Volkswagen group goes crossover crazy!」
Cayenne / Touareg / Q7のジョイントプロジェクトが想定以上に儲かったのか、この勝利の方程式をコンパクトSUVにも応用しよう、という試みです。

この計画が旧ピッチで進みそうな要因は、やはりMINI カントリーマンの存在。ジュネーブショウでのコンシューマーの反応を見て、「ベイビーSUVの市場は間違いなくある」と経営陣が判断されたのでしょう。
備考)
Audiの戦略は極めてクリアで、「BMWの真似をして、そしてBMW以上の車を作る」。この1点突破の戦略は、清く、そしてどこまでも非建設的だと感じる。ただ、全く違和感もない。アウディの社是でもある「技術による革新」を体現している、と理解できる。

価格は£16,000~£20,000に抑えることが目標で、1.4リッターのターボチャージャー+7速S-トロニックが搭載されるでしょう。クアトロは上位車種となる1.6~2.0リッターで標準となる。そして、A1同様に電気自動車版も出てくると思われます。

ただ、現在差し迫っているのはQ3のローンチなので、2011年後半か2012年のジュネーブショウでのワールドプレミア、という線が濃厚。Q3は来年のジュネーブショウでワールドプレミアとなるでしょう。

Tags
Show More

Related Articles

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

Close
Close