Land Rover & Jaguar

2015 Land Rover Range Rover Sport SVR オフィシャル

英ランドローバーは、ランドローバー至上最も最速で、かつ「世界で最も早いSUV」、Land Rover Range Rover Sport SVRのオフィシャル情報を公開しました。「世界で最も早いSUV」の意味は、「スポーツカー開発の聖地」ニュルブルクリンク北コース(ノルトシュライフェ)のラップライムが最速、という意味で、タイムは8分14秒です。

パワートレインですが、5.0リッターV8スーパーチャージャーを搭載しており、最高出力542hp/最大トルクが680Nmという性能を誇ります。ジャガーエンジンのスーパーチャージャーは、4枚羽根のツイスト式ローターを採用しており、非常に小型なのが特徴です。Range Rover Sport Superchargedと比べ、出力が40hp/トルクが55Nmもアップしています。
このエンジンにZF製8速ATが組み合わされます。ZFの70型8速ATは、1速と8速の比率は7.07倍という超ワイドレシオが特徴です。そして、当然の事ながらランドローバーなので全輪で駆動します。

レンジローバースポーツのオンロードのスタビリティ向上に寄与しているのが、「ダイナミック・アクティブ・リア・ロッキング・ディファレンシャル」。センターデフにプラスし、リアデフにも電子制御差動制限機構を併設しました。詳細は不明ですが、SVRのシャシーに手を加えているみたいですので、テレインレスポンスもver3なる進化版が搭載されているのかもしれません。

そして、スポーツカーとしてのパフォーマンスも抜かりはありません。フラップバルブの開度を電子制御できるアクティブなエキゾーストシステムを採用しています。ランドローバーとしては史上初となるシステムです。レーシングカーのような甲高いレーシーなサウンドトラックが運転席から楽しめるよう演出されています。

足回りは、21インチのアロイホイール&275/45 R21のオールシーズンタイヤを履いています。さらにハードコア層に対し、295/40 R22 Continental SportContact 5を履いた22インチのアロイホイールもオプションで用意しています。

8/14から米国で開催される「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」でワールドプレミアとなります。

2015 Land Rover Range Rover Sport SVR オフィシャルフォト

オフィシャルビデオ:Introducing the 2015 Range Rover Sport SVR | Land Rover USA

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close