Land Rover & JaguarOthers

2011 Range Roverが明らかに

2011年モデルのレンジローバーがフェイスリフトを受けてリニューアルします。エクステリアも大きく変更になっていますが、特にフードの下が大幅改変です。309-hpを発生する4.4リッターのV8ディーゼルとZF製の8速オートマが組み合わされます。前モデルの3.6リッターディーゼルからのリプレイスメントで、エンジンは大型化しているのですが、燃費が大幅に向上。約11km/リッターを達成します。





ガソリンは、503 hpを発生する5リッターV8エンジン。これは環境性能は完全無視の代物で、欧州では殆どニーズはない。実質、4.4 TDIの1モデルで行く、という感じです。

フォトコレクション

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close