FeatureLand Rover & Jaguar

2016 Jaguar XE-S ファーストオフィシャル

遂にジャガー&ランドローバーグループ渾身のDセグメントスポーツセダンが誕生しました。Jaguar XEは後輪駆動(FR)の4ドアセダンで、BMW 3erサルーンを明確な仮想敵としたクルマです。2015年から欧州マーケットを始め随時世界で発売されて行く予定です。10月のパリモーターショウでワールドプレミアとなります。

クラストップの先進的軽量車体構造

img3

Jaguar XEの一つ目のトピックが、アルミニウムを多用したモノコック・ボディを採用した点です。Fタイプのようなオールアルミではありませんが、プラットフォーム構造の75%以上でアルミ合金を使用しています。Dセグメントのプレミアムサルーンの中ではクラストップの軽量モデルとなります。
ジャガーは2003年にリリースした三代目XJ以降、オールアルミボディの開発に黙然と取り組み続けてきました。アルミニウム構造体の使用においては、ジャガーは独アウディと双璧をなす程の豊富な経験を有しています。
使用するアルミ合金は、タタモータースの盟友であるノヴェリス社が開発したAC300合金(6000シリーズ系)です。一般的にマグネシウムとシリコンを添加したものが6000系と言われています。
ジャガーのアルミ合金は他社のものと比較し、約20%の高い強度を持つ、と言われています。その理由は独自の熱処理行程(詳細不明)にあると分析されています。この独自の熱処理により強度が高まるため、厚さ1.5mmの板厚による成形を実現しています。
このアルミボディの恩恵で、V6エンジンを積んでも車重は驚愕の約1,480kgです。BMW 3シリーズセダンの直6エンジン搭載モデルの車重が1,585kgであることから、この100kgの差は大きく、ドライビングパフォーマンスの差は歴然だと想像します。

ドライビングダイナミクスにフォーカスした新プラットホーム

ジャガー&ランドローバーが新たに開発した新世代モジュラー車体構造を初めて採用したモデルである点です。
Jaguar XEの3サイズは全長4,672mm、全幅1,850mm、全高1,416mm、ホイールベースが2,835mm。ミッドサイズセグメント用車両のプラットホームで、長いホイールベースと低いシートポジションによりドライビングダイナミクスにフォーカスをしています。

正確なハンドリングとしなやかな乗り心地に一切妥協なし

img4

そして驚きだったのが、フロントサスペンション側にダブルウィッシュボーンを採用した点です。サスペンションは、どのような動的キャラクターを目指したクルマなのか、を推し量る大切な要素です。ポルシェ911のようにストラット式にすれば姿勢変化を許容しストローク量が大きくなります。911はミッドシップでフロントが軽くロールが小さいのでストラットがベストマッチなのでしょう。しかしスポーツセダンの場合はロール時にしっかりと前輪を立て、フロントのグリップを確保しなければいけません。ジャガーXEのダブルウィッシュボーンの採用は「正確なハンドリングとしなやかな乗り心地に一切妥協をしない」という意思の表れです。
ダブルウィッシュボーンは構造が複雑で部品点数が多くなるため、生産コストが高くなります。Dセグメントのクルマでは採用がなかなか難しいのが現実です。
そしてリアにはインテグラルリンク式リアサスペンションをチョイスしています。「FRであるBMWの命」と言っても過言ではないBMWのリヤサスペンションシステムと基本的な構造は同一です。

パワートレイン

img6

今回公開されたXE-Sには、3.0リッターV型6気筒スーパーチャージドエンジンが搭載されています。スペックは、最高出力335hp/650rpm、最大トルク450Nm/3500rpmとなります。このエンジンの特徴は前後2つのバランサーシャフトを搭載している点です。スムーズな回転とアイドリングの振動を押さえる事が役割で、スポーツセダンに相応しい揺れや振動の少ないエンジンとなっています。
そして、何よりも注目は新開発のワールドクラスのエンジン・ファミリー「INGENIUM(インジニウム)」の搭載モデルです。インジニウムは、エンジンの内径、ボアピッチを固定する「エンジンのモジュラー化」に関するプロジェクト名で、白紙の状態から自社で開発したものです。XEに搭載される最初のインジニウムベースのエンジンは、最高出力161hp、最大トルク349Nmを発生する直列4気筒の2リッターターボディーゼルエンジンとなります。

2016 Jaguar XE-S ファーストフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close