1 / 2-Series

BMW ニューエンジンを220dクーペに設定

独BMWは、欧州向け2シリーズクーペに新しい2.0リッターディーゼルエンジンを搭載する、と発表しました。新しくBMWのエンジンファミリーの一員となったB47エンジンはN47エンジンの後継機種で、BMWツインパワーターボテクノロジーの最新機能が搭載されています。

220dのB47ディーゼルエンジンは、最高出力187hp/最大トルク400Nmを発生します。N47と比べ出力は7hp、トルクは20Nmアップしています。ピエゾ式インジェクターの噴射圧も、1800barから2000barへと向上。N47シリーズでは、2000bar仕様はバリアブルツインターボの125dのみに採用されています。

また、エンジン重量も2kgのダイエットに成功しています。そして素晴らしいのは環境性能で、燃費は3.8〜4.1L/100km(約24〜26km/L)、CO2排出量は115〜107g/kmという優秀な数値を誇ります。オート&ストップ機構にも改善の手を加えているようです。

B47がどのようなラインアップになるのか現状は不明です。詳細がわかり次第アップしたいと思います。

BMW 220d

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close