SL / SLK / GT

Mercedes AMG GT 複数の動画を公開

Mercedes AMG GT いざ出陣!

独Mercedes-AMG GmbHは、米国のユーザー向けにAMG完全自社開発モデルとなるスポーツカー、Mercedes AMG GTの複数の動画を公開しました。パリサロンでのワールドプレミアを終え、遂にセールスモードへ突入です。

独ポルシェ911にとって、本当の強敵の出現と言えます。
アルミニウム製のスペースフレームにアルミニウム製のボディ。SLS AMGのアイコンだったガルウィングを捨てたのも全ては重心位置の低下のためでした。エンジンはフロントミッドシップに搭載し、トランスミッションは後車軸上に置くトランスアクスルレイアウトを採用。結果、前後重量配分は53:47を実現しています。フロントタイヤの接地性が高まり、スタビリティで絶対的優位性を持つことは想像に難くありません。
リアアクスル上に搭載されるトランスミッションは7速デュアルクラッチ。そしてLSDは、GTが機械式LSD、GTsが電子制御のLSDを搭載します。
サスペンションは、フロントに鍛造アルミニウム製のダブルウィッシュボーン、リアのマルチリンクには電子制御式ダンパーを組み合わせています。

VW & Audi & Porche。VWコンチェルンに対抗できるのは、Daimlerグループしかいないのかもしれません。

米国オフィシャルビデオ:Mercedes-AMG GT Walk-Around


米国オフィシャルビデオ:Mercedes-AMG GT Engine

Mercedes AMGが「M178型」と呼ぶ3982cc仕様のV型8気筒ツインターボエンジン。Vバンクの外側から吸気を行い、内側から排気という通常とは逆のレイアウトです。よってターボシステムはVバンクの内側にレイアウトされています。このユニークなレイアウトを採用した理由は、ターボラグを最短化することに他なりません。GTが462ps&600Nm、GTsが510ps&650Nmというスペックを誇ります。

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close