Volvo

Volvoパフォーマンスエステートの20周年

Volvo 855 T-5RとV60 Polestar

ボルボから「パフォーマンス エステート」という概念でVolvo 855 T-5Rが発売されたのが1994年。今から約20年前です。ボルボ専業のレーシングパートナーであるポールスターは、この世界初のパフォーマンスエステートの20周年を記念し、米国カリフォルニアのハンティントンビーチに「新旧2台のパフォーマンスエステート」、Volvo 855 T-5RとV60 Polestarを並べてフォトセッションを行いました。

855 T-5Rは何か特別なものを持ったパフォーマンスエステートで、多くのカーエンスージアストが855 T-5Rに熱狂したことを、V60 Polestarで再現したい、とポールスターは言っています。

Volvo 855 T-5Rは、1994年にローンチされました。最高出力240hp、最大トルク330Nmを発生する直列5気筒2.3リッターエンジンを搭載しており、このエンジンは今でも小径低圧ターボや連続可変バルブタイミング機構など最新技術を追加しながら現役で生産されている息の長いエンジンです。

そして「ハイパフォーマンス エステート」はV60 Polestarへとバトンタッチされました。フロント横置きの直列6気筒エンジンは、今やボルボのクルマのみ見られます。6気筒ながらボルボ製5気筒との全長差はわずか数ミリというコンパクト設計のエンジンです。ターボはツインスクロールターボで、キャビン側となるエンジン後方に配置するというユニークなレイアウトです。そして吸気バルブに可変プロファイル機構を採用するなど、今時な技術もインストールされています。

ショックアブゾーバーは同じスウェーデンのオーリンズ製を採用。同社の伸縮同時制御バルブ技術を採用しています。そしてスプリングレートはRデザインと比べ80%高められています。

855 T-5R / V60 Polestarの比較

エンジン: R5 2319 cc/R6 2953 cc
出力: 240 hp/350 hp
トルク: 330 Nm/500 Nm
0-100 km/h: 7.0 秒/4.9 秒
100-0 km/h: 45 m/34 m
Top speed: 245 km/h/250 km/h
サスペンション: T-5R→MacPherson Strut, Coil Springs, Hydraulic Shock Absorbers, Stabilizer Bar
V60 Polestar→MacPherson Strut, Coil Springs, Polestar Öhlins Shock Absorbers, Carbon Fibre Clad Stabilizer Bar
ギアボックス: 4-speed auto/6-speed auto
駆動: FWD/4WD
Rims: 7×17”/8×20”
タイヤ: 205/45/245/35
ブレーキ (front): 1 piston calipers, 280 mm discs/6 piston calipers, 371 mm discs
車重: 1600 kg/1834 kg

フォト:Volvo 855 T-5R & V60 Polestar

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close