1 / 2-Series

BMW 2シリーズ アクティブツアラー xDrive 新しい写真を公開

BMWアクティブツアラーは、xDriveがオススメです。

日本でも発売が開始された、BMW初の前輪駆動車として話題のMPVが2シリーズアクティブツアラーです。中でも注目したいのはBMWが「インテリジェント四輪駆動システム」と呼ぶ「BMW xDrive」がガソリン・エンジンとディーゼル・エンジンの各1モデルに導入される点です。
以下は、BMWのホームページに掲載されている解説文です。

インテリジェント4輪駆動システム xDrive は、過酷な路面条件にも完璧に対応し、常に傑出したトラクションを発揮します。
xDriveはDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)と連携し、ステアリングの切れ角やホイールの回転速度などの車両データからオーバーステアやアンダーステアなどの危険性を察知すると、電子制御式多板クラッチを用いて、前後アクスルへ瞬時のうちに駆動力をフレキシブルに配分し、最適なロード・ホールディングを確保。トラクション、走行安定性、安全性といった4 輪駆動の長所と、BMWの伝統である俊敏性を叶えます。

BMW xDriveは、FR車を前提に開発した電子制御式多板クラッチによる4WDシステムです。2シリーズアクティブツアラーに搭載されるxDriveは、新たにFF車用に設計した新システムだと思われます。
4WDシステムのネガの一つである重量ですが、BMWが新たに開発したFF専用のxDriveはコンパクト設計が特徴で、重量たったの61kg増に留まってます。

前輪から後輪への駆動配分は、フロントデフにあるアングルギアと2つのカルダンジョイント軸を用いて伝達されます。そしてxDriveシステムのコアコンポーネントが電子制御油圧式のマルチプレートクラッチで、前後重量配分への配慮とクイックなトルク伝達のためにリアアクスルにマウントされています。
BMWからは、この新xDriveに関する技術詳細が発表されていませんので、どのように動くのかはよくわかりません。

FF横置きエンジン用のAWDシステムは、VW/Audiのゴルフ/A3にはハルデックスカップリングを採用し、MercedesのA/B/CLAはAMGが開発した4MATICを搭載、そしてBMWはFF用xDrive。各社のエンジニアリングに対する個性が出るところです。

フォト:BMW 220d xDrive Active Tourer

フォト:BMW 225i xDrive Active Tourer

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close