Up! & Polo

2015 VW Polo GTIフェイスリフト 新しい写真を公開

セールスに向けてカウントダウンがスタート!

2015年モデルよりフェイスリフトとなる2015 VW Polo GTI。2015年2月に欧州でのセールスが予定されています。それに先立ち、2015 VW Polo GTIの街中を走る写真(リアルライフフォト)がネットにドロップされました。

EA888エンジンファミリーへ移行

img11

EA211の1.4リッターTSI直噴ターボエンジンから、1.8リッターTSIエンジン(EA888)へと変更となりました。最高出力192PS/最大トルク320Nmを発生し、前モデル比12PSの出力アップとなります。
EA888の特徴は燃料供給にあります。DI(筒内噴射)とPFI(ポート噴射)を併用するVWの新世代エンジンです。また、振動対策に2軸のバランサーシャフトも備えており、EA211と比べ「明らかにワンランク上」のエンジンです。
1.4リッターから1.8リッターへとなぜ「アップサイジング」したのか理由は様々のようですが、まずEA888の方がMQBベースのクルマと親和性が高いこと、あとは同じEA888ユニットを搭載するGolf GTI、Audi A3、SEAT Leonとの量産効果を期待、といったところでしょうか。ちなみにAudi S1もEA888ファミリーです。

6速マニュアルトランスミッションが利用可能に

前モデルはオートマティック7速デュアルクラッチのみでしたが、ニューモデルではマニュアルも選択可能となりました。

「Sport Performance Kit」のオプション

Poloで始めての採用となるのが、電子制御式減衰力可変ダンパーです。フォルクスワーゲンでは電子制御式減衰力可変ダンパーのことを「DCC」と呼んでいます。「スポーツセレクトサスペンション」というオプションで選択可能となるようです。さらに車両運動の統合制御システム「ESC」に「Sports ESC」モードも搭載されます。

その他、オプションでLEDヘッドライトも選択可能となりました。

2015 VW Polo GTIフェイスリフト ニューフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close