1 / 2-Series

2016 BMW 2 Series 3気筒エンジンを搭載

遂に3気筒エンジンをFR車に搭載へ。

独BMWは、2016年モデル(2015年春発売)2シリーズクーペに新しいエントリーモデル「BMW 218i Coupe」と4WD(xDrive)モデル「BMW 220d xDrive Coupe」をラインアップに加えることを発表しました。

3気筒Bシリーズエンジンを搭載するBMW 218i Coupe

遂にFR車にも1.5リッター3気筒B38エンジンが降りてきました。218iクーペは来るべき3シリーズLCIに搭載予定の3気筒エンジンの試金石となるクルマです。
218iクーペ用の3気筒エンジンはBMWにより新しく開発されたユニットで、エキゾーストマニフィールドにインテグレーションされたスーパーチャージャーで過給し、さらに新世代のダイレクトインジェクションシステム、そしてVALVETRONICの最新版、カムシャフトの制御を行うダブルVANOSを搭載しています。3気筒エンジンが軽いことから、前後重量配分をほぼ50:50に設定しています。
スペックですが、最高出力100kW(136hp)、最大トルク220Nm/1,250rpmを発生します。0-100km/hのスプリントタイムは8.8秒で、最高速度は212km/hとなります。
振動対策として、クランク同軸バランサーを備えている点は、2シリーズアクティブツアラーのB38エンジンと同様です。
環境性能は、燃費が8速AT搭載モデルで5.6〜5.1リッター/100km(約17km〜19km/L)、CO2排出量は118g/kmとなります。

xDiveとディーゼルエンジンの組み合わせ:BMW 220d xDrive Coupe

BMW 220dに搭載されるディーゼルエンジンは、新世代モジュラー設計エンジンの「Bシリーズ」ではなく、直列4気筒N47ディーゼルエンジンです。最高出力140kW(190hp)を発生し、0-100km/hのスプリントタイムは6.8秒です。
BMWの全輪駆動システム「xDrive」が220dに組み合わされます。ウェットコンディションなどのあらゆる路面状況でのトラクションとスタビリティの最適化という目的だけではなく、高速旋回時のドライビングダイナミクスの追求という目的もある、とプレスリリースでは言ってます。

オフィシャルフォト:The BMW 2 Series Coupe: New entry-level engines, new model variants, even greater individuality.

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close