Land Rover & Jaguar

Jaguar Land Rover 「透けるピラー」技術を開発

Jaguar Land Roverは、「360 Virtual Urban Windscreen」「Follow-Me Ghost Car Navigation」と呼ばれる3Dバーチャルリアリティ技術を開発した、と発表しました。また、同技術の驚愕のデモンストレーション動画を公開しました。

信号での左折や右折の際にA/Bピラーが死角となり、歩行者や自転車などが見えずに急ブレーキを掛けた経験のある方も多いと思います。視界を確保するためにA/B/Cピラーを細くすると、衝突安全性や車体剛性を上げることが出来ず、プレミアムカーとして成立しません。

ジャガー&ランドローバーがリサーチプロジェクトで示した解決策は、車外カメラからのライブ映像をピラーやフロントウィンドウに映し出すという、という方法です。ヘッドアップディスプレイなどを駆使しピラーが透けて見えて、コクピットから360℃のバーチャルウィンドウスクリーンが広がるというイメージで、J&Rは「360 Virtual Urban Windscreen」と呼んでいます。

また特定の目的地にたどり着くために、最も直感的で効率的な方法は前方のクルマに追随する事です。「Follow-MeGhost Car Navigation」という技術により、ドライバーのフロントウィンドウに追随するクルマのイメージを投影する技術です。ナビゲーション画面を見なくても前方の「ゴーストカー」に付いていくだけで目的地に到達できます。

以下のオフィシャルビデオを確認ください。

オフィシャルビデオ:Jaguar Land Rover introduces the 360 Virtual Urban Windscreen

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close