1 / 2-Series

BMWジャパン M235i M Performance Editionを発売

ハードコアなコンパクトクーペ、日本降臨。

BMWジャパンは、高性能スポーツコンパクトクーペ、BMW M235iクーペの特別限定車「 M235i M Performance Edition」を発売すると発表しました。全国限定30台という超限定車となります。
また、ドイツで「M235i M Performance Edition」の新しいフォトが公開されています。*今回の日本仕様の限定車とは異なります。
この限定車の特徴の一つにドレクセラ製の機械式LSDを搭載している点にあります。

img55

機械式LSDといえばパキパキ音が出て曲げにくい。これは昔の話でドレクセラのLSDはチャタリング音とは無縁のスムースさが売りです。オーダー時にイニシャルトルクの設定を可能とするなどハードコアなLSDです。
ただし、///M5に搭載される電子制御式の多板クラッチLSD「アクティブ M ディファレンシャル」ほど洗練されていませんので、日常領域でのトラクション性能の向上をさらに狙いたいという目的の方には合わないかもしれません。

ニューフォトM235i M Performance Edition

プレスリリース

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、本年2月に発表した「BMW 2シリーズ クーペ」の高性能モデル「BMW M235i(エム・ニー・サンゴ・アイ)クーペ」の特別限定車、「BMW M235i M Performance Edition(エム・パフォーマンス・エディション)」を、全国15拠点のBMW M認定ディーラーにおいて、30台の台数限定で、11月15日(土)より販売を開始すると発表した。

本特別限定車のベース・モデルであるBMW M235iクーペは、圧倒的にダイナミックな走りを実現する3リッター直列6気筒BMW M Performanceツインパワー・ターボ・エンジンやアダプティブMサスペンション(電子制御式ダンパー)など、BMWのハイ・パフォーマンス・モデルを手掛けるBMW M社の高い技術に基づいたスポーティなチューニングを施し、かつ、エモーショナルな専用デザインの数々を採用したBMWの高性能プレミアム・コンパクト・モデルである。

今回発表のBMW M235i M Performance Editionは、そのBMW M235iクーペをベースに、BMWモータースポーツのテーマ・カラーである純白のアルピン・ホワイトのボディ・カラーを身に纏い、軽量かつバイ・カラー(オービット・グレー/ポリッシュ)が印象的な、専用の19インチBMW M Performanceライト・アロイ・ホイール(鍛造)、BMW M Performanceカーボン・ミラー・カバーやBMW M Performanceカーボン・リヤ・スポイラー、BMW M Performanceアクセント・ストライプ、BMW M Performanceブラック・キドニー・グリルなど数々の特別装備を装着し、レース車両を彷彿させる圧倒的にスポーティなスタイリングとしている。また、ドライビング・ダイナミクスにおいては、タイヤの空転を防いでトラクションとコントロール性をさらに向上させる機械式リミテッド・スリップ・ディファレンシャルを特別装備し、あらゆる走行状況においてよりスポーティな走りが可能である。

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close