Golf

VW Golf R 雪上走行の新しい写真を公開

最新VWスポーツの具現者。

Volkswagen R GmbHは、Golf-Rの新しい写真を公開しました。新世代4WDシステムを搭載していることから、雪上走行も可能であることをアピールするフォトセッションとなっています。

VW新世代の4WD

IMG4

280psという強大なエンジンパワーをFFで受け止めるには無理があります。そこでGolf-Rでは4WD化しマキシマムグリップを得ることを目的に作られました。第五世代となるハルデックスカップリングをリアに搭載し、必要に応じて電子制御式多板クラッチを断続させて前後に駆動力配分を行います。このシステムでは100%を後輪に配分することも可能となっています。トルクを常に前後輪に配分しているアウディのクアトロに代表される「フルタイム4WD」とは異なります。

今回の雪上の走行シーンの写真はユーザーに誤解を与える可能性があります。アクセルを踏めば遅延なく4つのタイヤにトルクが伝わり路面を捉えるフルタイム4WDと、雪などで1輪が滑った時に多板クラッチで前後を繋ぐパートタイム4WDでは、雪上での絶対的安心感は異なるのではないでしょうか。
この写真がアウディの縦置き用機械式4WDシステム「クアトロ」であれば納得できるのですが。

Golf-Rの4WDシステム「4MOTION」は、あくまでもスポーツドライビング時に気持ちよく曲がるための道具であり、雪上を走破する道具では無い事をユーザーは理解しなければなりません。

2015 VW Golf R

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close