X5 / X6

2015 BMW X6 M メガフォトギャラリー&ビデオ

BMW M GmbHは、LAモーターショウでワールドプレミアとなったBMW X5 M、BMW X6 Mの詳細情報と新しい写真、ビデオを公開しました。
はたして、BMW X6Mはニュルブルクリンク北コース(ノルトシュライフェ)のタイムアタックを行うのでしょうか?現在、最速SUVの称号を手にしているのは2015 Porsche Cayenne Turbo S、次点が Land Rover Range Rover Sport SVRです。

エンジンテクノロジー


ニューBMW X5 M、BMW X6 Mに搭載する4.4リッターV8エンジンは、xDrive用に開発したユニットです。ツインスクロールターボチャージャー2基をVバンク内に抱え込む特異な形態を採用しています。Vバンク内に排気、外に吸気と通常配置のエンジンの逆になっておりコンパクトな設計を実現しています。このBMW Mのためのハイパフォーマンスユニット「S63エンジン」は、最高出力423kW(575hp)/6,000〜6500rpmを発生します。前モデル比で4%の出力アップです。最大トルクは750Nm/2,200〜5,000rpmに達し、前モデル比では10%増。0-100km/hのスプリントタイムは4.2秒となります。高圧インジェクターの噴射圧は200bar、圧縮レシオは10.0です。

そして新S63エンジンの最大のメリットが改善した環境性能です。11.1L/100km(約9km/L)となり、前モデルの13.9L/100km(約7.1km/L)と比べ20%も改善しています。CO2排出量も約20%改善し258g/kmを達成しています。

トランスミッションと駆動システム


トランスミッションには、新開発のドライブロジック搭載8速Mステップトロニックトランスミッションを搭載しています。他のMモデルに搭載される7速M DCT DrivelogicのようなDCTの特徴である素早い変速を目指したトルコンATです。

AWDシステムには、おなじみインテリジェント全輪駆動システム「BMW xDrive」を搭載しています。xDriveは、電子制御多板クラッチがロードコンディションに応じてリア100%、フロント100%までトルクを可変配分します。ノーマル時はリア100%にセットアップされています。なお、オフロード走行用の副変速機は備えてませんので、完全にオンロード志向の4WDシステムと言えます。

シャシー


BMW M GmbHが手がける10mmローダウンされたシャシーには、フロントにダブルウィッシュボーン式、リアはインテグラル式のセルフレベリング機能付きエアサスペンション、電子調整式ダンパーを搭載しています。BMW M GmbHのエンジニアリングによる調整が施されており、感度の高いサスペンションとダンピングの応答特性を実現しています。

ビデオ:2015 BMW X6M レーストラック

2015 BMW X6 M メガフォトギャラリー

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close