FeaturePorsche

2016 Porsche 911 GT3 RS オフィシャル

911の頂点に立つ。

独ポルシェは、911 GT3 RSのオフィシャル情報を公開しました。ニュルブルクリンク北コース(ノルトシュライフェ)のラップタイムは7分20秒と発表されており、911 GT3と比べて5秒も早く、911至上最速のニュルタイムを誇る911シリーズの最高峰です。なお、Porsche Cayman GT4のタイムは7分40秒です。

心臓部は、新開発となる自然吸気の4.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載します。最高出力は500hp (368kW) 、最大トルクは480Nmを発生し、0-100km/hのスプリントタイムは3.3秒で爆走します。今までフラット6の頂点にいた911 GT3に搭載される3.8リッター水平対向6気筒エンジンと比べ、出力は16kW、トルクは40Nmもアップしています。911 GT3が超高速グランツーリズモという位置づけだとすると、このGT3 RSはサーキット走行に主眼を置いたリアルスポーツカーといったところでしょうか。レース志向であるがゆえ、ボディの軽量化にも抜かりありません。ルーフにはマグネシウム合金を採用し、シートは918スパイダーのカーボンファイバーバケットシートを装備しています。これらにより911 GT3と比べ約10kgの軽量化を達成しています。

スーパーハイテクシャシー

IMG66

911 GT3 RSのシャシーはハイテク技術のオンパレードです。特徴は、リアアクスルステアリングとトルクベクタリングプラス(Porsche Torque Vectoring Plus)を搭載している点です。リアアクスルステアリングは左右のリアホイールに備わるふたつの電気機械式アクチュエーターを使ってリアを1.5度まで操舵させる機能です。このデバイスに与えられた役割の全てはクイックなコーナリングの為です。そしてトルクベクタリングプラスは、先代GT3に搭載されていた固定ロック値を持つ機械式LSDに取って変るものです。電子制御化されたことによりロック値を連続可変させることが可能となっています。その他、PSMやABD、ASR、MSR。。まさにスタビリティの鬼と化しています。

組み合わされるトランスミッションは、こちらも911 GT3 RS用に特別に開発された湿式多板クラッチ7速DCT、PDKです。ポルシェの高回転エンジン(9000rpm)の為にZFが特別に仕立てています。変速スピードをさらに切り詰め、ギアレシオが低められています。他のPDKは6速で最高速度に到達し7速は高速巡航に合わせていますが、911 GT3 RSでは7速で最高速度に達するよう設定されています。また、PDKの標準重量の120kgよりも若干軽量化されているようです。

2016 Porsche 911 GT3 RS オフィシャルフォト

オフィシャルビデオ:The new Porsche 911 GT3 RS – Paparazzi.

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close