C-Class / GLC

Mercedes-Benz Cクラスに4つのニューモデルを追加

独メルセデスベンツは、快進撃を続けるCクラスに、新たに4つのモデルを追加する、と発表しました。最大のトピックは、エントリーモデルとなるC160が追加されることです。この4モデルが加わり、Cクラスファミリーは計18モデルという大所帯となりました。

Mercedes-Benz C160

Cクラスのエントリーモデル。価格は€31,683〜となり、C180よりも約€2,000安く設定されています。搭載するエンジンは、最高出力129hp(95kW)、最大トルク210Nmを発生する直列4気筒エンジンです。組み合わされるトランスミッションは6速MTのみで、7G-TRONIC-Plusはオプション設定もされません。0-100km/hの到達タイムは9.6秒で、C180の8.2秒と比べると随分見劣りします。

Mercedes-Benz C200 4MATIC

最高出力184hp(135kW)、最大トルク300Nmを発生するM274系2.0リッター直列4気筒ターボエンジンに、メルセデスベンツの4輪駆動システム「4MATIC」を組み合わせたモデルです。部分負荷域でリーンバーンを使用しており、世界で始めて直噴ターボで成層燃焼リーンバーンを実現したメルセデスの意欲作ダウンサイジングエンジンです。
モータージャーナリストの試乗インプレッションには、C200よりもC180の方を評価する声もあるようです。エンジニアリング的な観点で見ると、遥かにC200のパワーラインの方が技術的には洗練されている感があります。また、高機能な新型エンジンをフード下に収めている、という心理的な満足度も高いと想います。
Cクラスに搭載される4MATICは、センターデフ(遊星ギア)が7G-TRONIC後端に位置し一体型となっています。一般的なディファレンシャルロックを省いた結果、コンパクトなシステムとなり重量インパクトもさほど大きくありません。デフォルトのトルク配分は前45:後55です。
C200と比べて約€5,000高ですが、アウトドア好きの人は是非チョイスしたいモデルです。

Mercedes-Benz C220 d 4MATIC

日本でもEクラスで導入された直列4気筒ディーゼルターボに4MATICが組み合わされます。

Mercedes-Benz C300

Cクラスの直列4気筒エンジンの頂点に立つのがC300です。最高出力は245hp(180kW)、最大トルクは370Nmを発生します。このC300のライバルとなる、BMW 328iの最大トルク350Nmを上回りました。0-100km/hの到達タイムは5.9秒の走力を誇ります。
そして魅力的なのは価格で、C250よりに比べ約€2,000アップに留めています。C300は、C250の最大トルク300Nm比で70Nmもアップしており、買いはC250よりもC300でしょう。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close