A3

Audi RS3 発売を記念しテクノロジー解説動画と新しい写真を公開

待望のRS3、いよいよ登場。

本国ドイツでオンラインコンフィギュレーターも登場しデリバリー間近のモンスターハッチ、アウディRS3。RS3のテクノロジーをアニメーションで解説した動画と、トラックフィールドを疾走する新しい写真を公開しました。

Audi RS3 技術解説アニメ動画

クアトロシステムとシャシー

img49
2.5TFSIエンジンのパワーをクアトロシステムにより前輪から後輪に駆動力配分されます。クアトロシステムは、アウディ独創の機械式センターデフではなく、リアアクスルに備わる電子制御式油圧多板クラッチを用いて作動します。横置きクアトロのための、「ハルデックスカップリング」です。ただし制御ソフトはRS3のためのテーラーメードとなっています。このテーラーメードの制御ソフトにより、リアへの駆動力配分は最小50%〜最大100%の間で素早く緻密にコントロールされます。このカップリングは前モデル比1.4kgの軽量化も達成しています。
アウディドライブセレクトとも完全に統合されており、「ダイナミックモード」さらにESCを「スポーツモード」に設定すると、素早くリアに駆動力が配分されます。さらにアンダーステアが出そうな時にリア内輪にブレーキをかけて旋回するトルクベクタリングも介入します。

直列5気筒エンジン

rs3tec-1
RS3には、最高出力270kW (367 hp)、最大トルク465Nm/1,625rpm〜5,550rpmを発生するアウディ伝統の2.5リッター直列5気筒エンジン(EA855)が搭載されます。最大トルク465Nmを1,625rpmから引き出せることが驚きです。最大過給圧は1.3bar、圧縮比は10.1。TT-RSでは1.2barだったので、さらに過給圧を上げたことになります。
大きさは49cmという小さなハイパワーエンジンですが、クランクケースにバーミキュラ鋳鉄という強固で軽量素材を使用し、重量は180kgという軽量化を実現しています。
点火順は、1-2-4-5-3となっており、4気筒ターボとは明らかに異なるクラシックなサウンドトラックを奏でます。

2015 Audi RS3 ニューフォト

2015 Audi RS3 テクノロジー

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close