Land Rover & Jaguar

英ランドローバー クラシックカーのメンテナンス部門を発足

英ジャガーランドローバーは、現在ドイツで開催中のクラシックカーの祭典「Techno Classica」で、「Land Rover Heritage division」という新しいプロジェクトを発足する、と発表しました。この部署が担当するのは、10年以上も生産されていないクラシックカーの部品をユーザーへ供給することです。

ランドローバーのクラシックレンジローバー、レンジローバーP38(2代目)、ディスカバリー1、ディスカバリー2をサービス対象としています。

「Land Rover Heritage division」は、ジャガーランドローバーのホットなクルマを供給する「Special Vehicle Operations(SVO)」の一部門となります。SVOは、BMWの///Mや、MercedesのAMGのような位置づけとなります。

ランドローバーの発表で驚いたのは、1948年以来、製造されたランドローバーの約70%が今だこの世に存在しており、クラシックランドローバーを好む情熱的なユーザー達が沢山いる、という点です。

今回のクラシックカーへ部品を供給するサービスは、ビジネスとして有望なのでしょう。

オフィシャルフォト:Land Rover Heritage To Be Launched At Techno Classica Show

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close