Peugeot

プジョー308 Rハイブリッド オフィシャル

仏プジョーは、上海モーターショウで「308 Rハイブリッド」というコンセプトモデルを公開する、と発表しました。プジョー308 RハイブリッドはPeugeot Sportにより開発されたスペシャルモデルで、308のハッチバックに高性能なプラグインハイブリッドパワートレインを搭載したスーパーモンスターホットハッチです。このクルマのコンセプトは、プジョーいわく「スーパーカーの性能を持つファミリーカー」。

そのスペックが驚愕で、最高出力270PSを発生する直列4気筒1.6リッターガソリンのツインスクロールターボエンジンに、85kW (115PS)のモーターを2つ組み合わせ、トータルのシステム出力は500hp/最大トルク730Nm、0〜100km/hの到達タイムは4.0秒というスーパーカー並みのパフォーマンスを誇ります。

エンジンはプジョーRCZ Rと同じ仕様と思われます。そしてモーターは、前後アクスルにそれぞれマウントされており、前輪は内燃機関で、後輪はモーターで駆動するAWDコンセプトとなっています。
4つの走行モードが設定されています。「Hot Lap」モードでは、全てのシステムが全開となります。「Track」モードでは最高出力400PS/最大トルク530Nmまで許容され、主にエンジンと後輪アクスルのモーターで動きます。フロントアクスルのモーターはスタート時のみ起動します。「Road」モードでは 最高出力300PS/最大トルク400 Nmとなり、主にエンジンのみのパフォーマンスとなります。エンジンはフルパフォーマンスとなり、スタート時はリアアクスルのモーターが動きます。フロントモーターはスタンバイ状態となります。「ZEV」モードでは電気自動車として動きます。リアモーターが主動源となり、アクセスをベタっと踏むと前側のモーターが駆動します。

このプジョー308 Rハイブリッドですが、R GmbHにより開発されたゴルフのスペシャリティカー、GOLF R 400コンセプトを遥かに上回る走力を持ちます。果たして市販化されるのでしょうか。

Peugeot 308 R HYbridファーストフォト

オフィシャルビデオ:Peugeot 308 R HYbrid | Power is in your hands

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close