1 / 2-Series

2015 BMW 120d xDrive 新しい写真と動画を公開

ニューBMW 1シリーズのベストバイか?

独BMWは、2015年モデルよりフェイスリフトとなるBMW 1シリーズの中でも、最ボリュームゾーンとなることが予想されるBMW 120dのオフィシャルフォトと動画を公開しました。

合計9モデルという大所帯で展開されることになるBMW 1シリーズですが、135i、125i、そして120dの3機種を中心に展開されていくと思われます。

120dのスペックは以下の通りです。

・1,995ccの直列4気筒ディーゼルエンジン(B47)
・BMW TwinPowerTurboテクノロジー
〜VGターボ、燃料噴射システム→コモンレールシステム&ソレノイドインジェクター(噴射圧:2,000bar)
・最高出力:140kW(190hp)/4,000rpm
・最大トルク:400Nm / 1,750–2,500rpm
・0–100km/hタイム:7.1秒
・平均燃費:4.5L/100km(約22.2km/L)
・C02排出量:118g/km(EU6適合)
※上記は120iの数値です。

今回新たに公開された写真と動画は、4輪駆動のxDriveにZF社製8速オートマチックトランスミッションを組み合わせた「BMW 120d xDrive」です。xDriveは前後輪のトルク配分に加え、後輪左右の回転をも制御することで車体を安定させる4輪駆動システムです。センターデフによるフルタイム式ではなく、電子多板クラッチにより必要な時に前後を繋げるオンデマンド式となります。
気になる前後の駆動配分ですがオフィシャルには公開されていません。おそらく、通常は後輪に駆動力を多く配分してFRに近い走りを実現し、走行状況や路面状況に応じて前輪に駆動力を配分する、320dと同じコンセプトになっているはずです。

2015 BMW 120d xDrive オフィシャルフォト

2015 BMW 120d xDrive ドライビングシーン

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close