Porsche

Porsche 911 GT3 R レースカーを公開

911 GT3 RSの量産車をベースに、レース仕様にスペシャルカスタマイズしたキットカー「GT3 R レースカー」に関する情報を公開しました。911 GT3 RSは趣味でレースを走る人、街乗りも楽しめるクルマですが、911 GT3 R レースカーはシングルシートのクルマでプライベーターとしてレース競技に参戦する人のためのクルマです。

車重をカットし、エアロダイナミクスをさらに改善、さらにホイールベースを8.3cm伸ばしたことにより、前後重量バランスがよくなり、高速でコーナーに突っ込んだ時でもよりコントローラブルなハンドリングを実現している、と発表されています。

プレスリリースの一部:
This ensures a more balanced weight distribution and more predictable handling particularly in fast corners corners in comparison to the previous GT3 R.

911 GT3 RSとのエンジニアリングの違いですが、一つにはボディコンストラクション、二つ目にパワートレインにあります。

アルミ&鋼板の軽量ハイブリッドボディによる、さらなる重量軽減を実現。そして、ルーフやフロントカバー、ホイールアーチ、ドアなどにCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を多用し、そして窓ガラスには高強度プラスチックのポリカーボネートを採用するなど、「乾いた雑巾をさらに絞る軽量化」を実施しています。

最高出力は500hp (368kW) /最大トルクは480Nmを発生するポルシェ新開発の自然吸気の4.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載する点は911 GT3 RSと同じです。 FIAのBoP調整により吸気量を制限するエアリストリクター対応のエンジンです。出力は500hpを若干上回るように調整されているようです。

値段は€429,000(約¥58,344,000)で、今年12月から発売が開始される予定です。

オフィシャルビデオ:Lighter, more economical, faster: the new 911 GT3 R

オフィシャルフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close