5 / 6-Series

BMW M6 コンペティションパッケージを発表

独BMW M GmbHは、フェイスリフトとなる2016年モデルの///M6のアップグレードバージョン「M6 コンペティションパッケージ」を発表しました。4.4リッターV型8気筒Mツインパワーターボエンジンをパワーブーストし、車高をさらに10mm下げた専用設計のサスペンションはスプリングレートを引き上げてパフォーマンスを重視した設定としています。

直列6気筒エンジンと並び、今やBMWエンジンの象徴的存在となったターボチャージャー2基をVバンク内に埋め込み過給するという特殊なレイアウトを採用する4.4リッターV型8気筒エンジン。2つのターボチャージャーにはツインスクロールを採用するなど手のかかった仕立てです。以下のビデオは、BMW X6 Mの発表の際に公開された解説ビデオです。


このツインターボエンジンの高回転域での過給圧を高めるようにスペシャルチューニングしており、出力を40hp(29kW)アップさせ最高出力を600hp(441kW)へ、最大トルクを680Nmから700Nmへと高めています。最大トルクは1,500〜5,750rpmをワイドレブにし1,500〜6,000rpmに再設定しています。結果、0-100km/hのスプリントタイムは3.9秒となり、M6の4.0秒から0.1秒短縮しています。

シャシーですが、電子制御多板クラッチLSD「Active M Differential」にも手を入れており、DSCと連携する電子制御ユニットをトラクション重視で稼働するよう設定されています。

欧州では、2015年7月頃からデリバリーが開始される予定です。

オフィシャルフォト:More potent Competition Package for BMW M6 Coupe, BMW M6 Gran Coupe and BMW M6 Convertible.

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close