7-SeriesFeature

2016 BMW 7シリーズ オフィシャル情報を公開

コードネーム「Gシリーズ」のキーワードは「カーボンコア」と「エレキ」。

独BMWは、同社のフラッグシップモデルとなる7シリーズの新型モデルに関する情報を公開しました。コードネームは新世代の「Gシリーズ」となり、G11、ロングホイールベース版がG12となります。BMWは、F01の時もそうでしたが、この7シリーズに持てる全てのエンジニアリングとテクノロジーを投入しコードネームを改訂するのが慣例です。G11もまさにその通りで先進的な技術が目白押しですが、中でも「Carbon Core」と呼ぶCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を多用したハイブリッドボディに注目です。BMW iシリーズから技術転用した最先端ボディ技術で、この軽量設計のボディにより、前モデル比でボディホワイトで200kg、車重で130kgも軽くなっています。

量産乗用車の最高峰ボディエンジニアリング

production-2

新型7シリーズでは、キャビン骨格全体にCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を多用しています。CFRP製のキャビン骨格技術を、BMWでは新たに「Carbon Core:カーボンコア」と命名しました。「Carbon Core」は「オールカーボン」という意味ではなく、「BMWオリジナルブレンド」の鉄/アルミ/カーボンのハイブリッド構造を指します。

具体的にこの「Carbon Core:カーボンコア」の特徴が見られるのが「ボディエンジニアリングの技術革新の中心」と言われるBピラーです。側面衝突時にはこの1本の柱だけでパッセンジャーを守る大変重要な技術です。G11 BMW7シリーズのBピラーはアルミとCFRPを重ねており、「ボディのふたつの梁」サイドシルとルーフサイドレールに接合しています。CピラーにもアルミとCFRPを重ねた接合技術が使われています。

そして大胆にもセンタートンネル全体にCFRPで補強している点もカーボンコアの特徴です。センタートンネルはFR車のドライブシャフトを通すものだと思われがちですが、剛性にも大きく影響します。このセンタートンネルのCFRP化により、剛性強化に加え、車両そのものの低重心化も実現しています。

カーボンコアの詳細は下記のビデオで確認出来ます。

BMW 7シリーズ プロダクションプロセス

プラグインハイブリッド BMW 740e

IG0019

7シリーズに始めてプラグインハイブリッドが設定されます。BMW iシリーズで開発された「BMW eDrive technology」が適用されています。このBMW eDriveテクノロジーのコア技術が、BMWで内製するモーターです。

約2kmの長さとなる導線を特殊なロボットを駆使しステーター内部に「放射線状に」巻きつけます。そして、この導線をステーターに縛り付ける工程にも特殊技術が採用されています。14mもの特殊な糸を専用ロボットできつく縫いあげています。「導線を密着させて高出力を得る」。全てはこの目的のために導入した技術です。そして、このステーターを摂氏165度で加熱して樹脂に浸す作業を行います。BMWによると、この工程により振動に強いタフで強じんなモーターになる、と説明しています。
次にローターですが、6枚にディスクで構成されており各ディスクには大小の磁石が12個づつ搭載されており、ローター1基に144個もの磁石を使う計算となります。この工程でも活躍するのがロボットです。専用ロボットが、モーターが滑らかに駆動するよう計算しながら各ディスクを並べます。その後150度で加熱し固定します。

このステーターとローターを一体ハウジングして「BMW eDrive」が完成、となります。直列4気筒ガソリンエンジンにモーターユニットを組み合わせ、トータル出力326hp(240kW)を発生します。BMWのモーターは最高速度120km/hまでは電気自動車として動作することが可能で、航続距離は40kmとなります。

BMW 740eフォト

BMW 750i xDrive

img09

G11世代7シリーズの中でも最ボリュームゾーンとなることが想定されるモデル。最高出力450hp(330kW)/5,500〜6,000rpm、最大トルク650Nm/1,800〜4,500rpmを発生するV型8気筒ツインターボエンジンを搭載します。xDriveは、トランスミッション縦置き対応システムで、トランスファーギアボックスからフロントデフへと駆動力を配分するシステムです。

BMW 750Li xDrive M Sport Package フォト

BMW 750i xDriveフォト

BMW 730d

img991
7シリーズの環境対応モデル。最高出力265hp(195kW)/4,000rpm、最大トルク620Nm/2,000–2,500rpmを発生する直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載します。上記の750iと比べると出力では大きく劣りますが、トルクはほぼ差がありません。燃費は4.5L/100km(約22km/L)という性能を誇ります。カーボンコアによる軽量ボディと直列6気筒ディーゼルエンジンの組み合わせで、Fセグメントでトップレベルの燃費性能を達成しています。

BMW 730dフォト

BMW 7シリーズ インテリアフォト

BMW 7シリーズ テクノロジーフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close