X1

2016 BMW X1 エクステリア&インテリアの詳細ビデオ

独BMWは、6月初旬に公開した第2世代となる2016MYのBMW X1のエクステリアとインテリアの詳細ビデオを公開しました。

ショートノーズのスタイルが如何にもFFレイアウトであることを主張する新型BMW X1。キャビン空間を最優先にしたパッケージングと言えます。Aピラーを前に押し出したキャビンフォワードスタイルは、新型X1が、「2シリーズアクティブツアラーのSUV版」であることを表現しています。
操舵を前輪、駆動を後輪が受け持つロングノーズのFRレイアウトを一貫して続けて来たBMWだけに、新型BMW X1の市場の反応が気になりますが、海外のブログなどを見ていても好意的に受け入れられている感があります。

2016 BMW X1 エクステリア



インテリアに目を移すと、BMW流儀が貫かれています。水平基調のダッシュボード、少しドライバー側へ傾けたセンタークラスター、ドライバーを包み込むようなデザインは、エクステリアとは異なり「どこまでもBMWデザイン」と言えます。
最新のBMWの多くは電子式シフトレバーを採用していますが、新型X1ではアクティブツアラー同様コンベンショナルな機械式シフトレバーを組み合わせています。
居住性の向上はビデオを見るだけで明らかです。E84のX1はSUVでは異例の低いドライビングポジションでしたが、新型X1ではドライビングポジションを高めに設定しており足元スペースを広く確保していることが確認出来ます。そして高いドライビングポジションがゆえ、シート位置が前寄りとなり、結果後席の足元スペースも大きく改善しています。

2016 BMW X1 インテリア

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close