Land Rover & Jaguar

ディフェンダー 200万台の生産を記念し特別モデルをビスポーク

英ジャガー&ランドローバーは、ディフェンダーの累計生産200万台を記念したワンオフモデルが英国ソリフル工場からラインオフした、と発表しました。そして、ディスカバリーチャネルの超人気番組「MAN vs. WILD」に出演する英国人の冒険家Bear Grylls氏も製造に参加しています!

BMW X3とランドローバーディフェンダー。この2台は、現代のクルマ作りにおいて対極に位置する関係です。約500台のロボットを並べて人手を介さず、ほぼロボットで製造されるBMW X3と、ロボットを介さず、ほぼハンドクラフトで製造されるディフェンダー。

LR_DEF_2-35

ハンドクラフトによる製造では十分な利益を出すことは出来ず、あと数年でディフェンダーは消えてDC100へと移行する予定です。

Defender for Paul SmithRugby World Cup 2015 Defenderなど、最近ディフェンダーに関するニュースが多くなっていますが、約70年のディフェンダーの歴史に終止符を打つ決断をしたランドローバーが、まるで別れを惜しんでいるようにも感じます。

このクルマは、今年12月16日に英国のオークションにかけられる予定で、売上金は国際赤十字赤新月社連盟に寄附される予定です。

このクルマだけは21世紀も生き続けてほしい、と切実に感じます。

オフィシャルビデオ

オフィシャルフォト

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close