C-Class / GLC

Mercedes-Benz C450 AMG 4MATIC 日本で発売へ

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、Mercedes-AMGが手がける「第2のCクラス」、Mercedes-Benz C450 AMG 4MATICを日本で発売する、と発表しました。セダンが863万円、ステーションワゴンが943万円。左ハンドルのみの設定となります。

Mercedes-AMGが手がけるCクラスのハイパフォーマンスカーが2台あります。AMG製の4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載する後輪駆動のMercedes-AMG C63、そしてシャシーはC63と同レベルでメルセデス製3.0リッターV6ツインターボエンジンを搭載する4輪駆動のC450 AMG 4MATICです。

いくら考えても「悩ましい選択」

BMW3シリーズのハイパフォーマンス版が欲しいという人は、335i(今は340)か、もしくはM3/M4かの選択肢となります。両車の間にはパフォーマンスレベルの差が大きく、逆にユーザーには選択しやくなっています。
一方で、Mercedes-AMG C63とMercedes-Benz C450 AMG 4MATICの両車には、上記のBMW 3シリーズほど大きな力の差はありません。以前に、C63とC450 AMGの選択は本当に悩ましいと投稿しましたが、その悩ましさの原因がC450 AMG 4MATICのシャシーにはMercedes-AMG C63のテクノロジーが盛り込まれているからです。さらに、AWDシステムがC450 AMGには付加されています。Cクラスに搭載される4MATICは、センターデフ(遊星ギア)が7G-TRONIC後端に位置し一体型となっており、一般的なディファレンシャルロックを省いた結果、コンパクトなシステムとなり重量インパクトもさほど大きくありません。また、C450 AMG 4MATICに搭載される4MATICはAMGチューニングによりスポーツ志向になっており、トルクスプリットは前33%:後ろ67%に固定されています(標準モデルでは前44:後55)。

ユーザーも悩ましいですが、ディーラーのセールスマンも同じく悩ましいのではないでしょうか。

オフィシャルフォト:Mercedes-Benz C 450 AMG 4MATIC

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close