C-Class / GLC

2017 Mercedes-Benz Cクラス クーペ ファーストオフィシャル

独メルセデスベンツは、Cクラスのクーペバージョンとなる「C-Class Coupé」のオフィシャル情報を公開しました。

サスペンションのスペックはCクラスと同様と思われます。フロントがダブルウィッシュボーン(メルセデスでは4リンクと呼んでいます)、リアは5リンク式です。フロントをダブルウィッシューンにしたのはダンパーとスプリングを分離してフリクションを大幅低減することが狙いです。「全ては快適性の為に」でしょうか。そして、ダンパーのセレクティブダンピングシステムも標準搭載です。ピストンに副室を設けて小振幅時に副室を使って減衰力を抑え、フルストロークする大振幅時には本来の減衰力を発生させ車両の挙動を抑える仕組みです。
シャシーの基本設計はCクラスサルーンと同じですが、ただしサルーンと比べ15mm車高を下げています。

ボディについては、プレスリリースには詳細な情報が公開されていません。Cクラスサルーンで魅せた、アルミニウムが48%、熱間成形鋼板が8%、超高張力鋼板が4%と、強く、軽く、俊敏なボディシェルか否かはわかりません。

エンジンラインアップですが、4つのガソリンエンジンと2つのディーゼルエンジンが用意されます。エントリーモデルとなるのが最高出力115kW/156hpを発生する1.6リッター4気筒エンジンを搭載するC180クーペです。そして最高出力135kW/184hpを発生するC200、最高出力155kW/211hpを発生するC250、そしてトップモデルが最高出力180kW/245hpを発生するC300となります。

オフィシャルフォト:The new C-Class Coupé: Seduction of the heart and mind

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close