BMW

ロールスロイスの3Dデジタルファクトリーがスゴイ!

独BMWは、同社の高級車部門ロールスロイスの基幹工場となるグッドウッド工場を全てデジタル化し、製造シュミレーションをしているビデオを公開しました。物理的なバリューチェーンを工場全体にわたってデジタル化している驚愕のビデオです。

デジタルファクトリーとは、製品の製造に関わる全ての情報(部品、機械、ロボット、工具、備品等々)をデジタル化し、工場と生産ラインをまるごとコンピュータ上で検証する手法です。生産ラインのあらゆるモノを3Dデジタル化することにより、ボトルネックなどのライン上の問題点を事前に解決して手戻りを減らし、最適なレイアウト設計を行うことができます。

ロールスロイスのグッドウッド工場ではペイントの一部作業を除いて、全てが職人により手作業で行われています。エルゴノミクスの観点から職人が動きやすいスペースが確保されているのか、無駄な動作をさせていないかどうか。。最適だけではなく快適なラインを作って行く上でもシュミレーションが役立っているのでしょう。

オフィシャルビデオ:Simulation and Manufacturing Plant Digitalization, Rolls-Royce Motor Cars, Goodwood

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close