Porsche

Porsche Macan GTS オフィシャル

Sとターボの間。

独ポルシェは、同社のミドルサイズセグメントのSUV「マカン」のスポーツバージョンとなる「マカンGTS」のオフィシャル情報を公開しました。マカンGTSは、マカンSとマカンターボの間を埋めるモデルとして投入されます。
マカンSに搭載される3.0リッターV型6気筒ツインターボをスペシャルチューンしており、出力を20hp、トルクを40Nmアップデートし、最大出力360hp、最大トルク500Nmを達成。ライバルとなるBMW X4 M40iの最高出力360hp、最大トルク465Nmを上回っています。

なお、カイエン登場時にはVW製のV6を搭載していましたが、このマカンのエンジン「M48型」は完全ポルシェ内製となります。製造は「ポルシェブランドの模範」とも言われるツッフェンハウゼンの本社工場で行われています。
このポルシェ内製V6エンジンは、オイル潤滑への配慮が行き届いており、スポーツカーブランドらしいドライサンプ式となっています。エンジンオイル容量は8.0リットルと多めです。

マカンGTSでは、エンジンのみならずシャシーにも手を加えています。ダンパー減衰力の可変機構「PASM(ポルシェアクティブサスペンションマネジメント)」をよりスポーティーに設定しており、車高を15mmも下げました。



駆動はPTMを介した4輪駆動となります。ポルシェは「ハングオンAWDシステム」と呼んでおり、マカン独自のシステムとなります。上図で確認出来る通り、PDKトランスミッションの後方にコンパクトなトランスファーを置いています。動力は常時後輪に伝えられ、湿式多板クラッチの圧着制御によって必要時に前輪も駆動します。ハングオンAWDシステムでは、デフォルトとなる配分設定はありません。

Mercedesの場合、標準モデルとAMGモデルの間に位置する「AMG 4MATIC」モデル(例:C450 AMG 4MATIC)の駆動システムは、標準モデルよりもリアへの配分を増やすなどAMG 4MATIC特有のチューニングを施していますが、マカンGTSのPTMでは、恐らくマカンGTSとマカンSに違いはないでしょう。

オフィシャルフォト:Macan GTS: The sports car among SUVs

オフィシャルビデオ:The new Macan GTS – Life, intensified.

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close