S-Class / GLS

Mercedes-Benz GLS ファーストオフィシャル

SUV界のSクラス!?

独メルセデスベンツは、フルサイズSUV「GLクラス」を「GLS」と改名し、フェイスリフトモデルを発表しました。全長5130mm、全幅1934mm、全高1850mm、ホイールベース3075mmという超ヘビー級の体格が特徴の7シータープレミアムSUVです。

エンジンラインアップ

GLS 500 4MATICに搭載されるエンジンは、最高出力335kW(455hp)&最大トルクは700Nmを発生する4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンです。
従来のV8エンジンの吸排気の配列を逆転させて2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置した「ホットインサイドV」と呼ばれるAMGのフラッグシップエンジンです。V8ながら約200kgという軽量な点も特徴です。Gクラス G500と同様、M278型4.7リッターV8エンジンからのダウンサイジングですが、出力は15kW(20hp)アップしています。

GLS 400 4MATICに搭載されるエンジンは、最大出力245kW(333hp)&最大トルク480Nm/1600rpmを発生するV型6気筒ツインターボです。

そしてトップモデルとなるMercedes-AMG GLS 63 4MATICには、GLS 500 4MATICに搭載される4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンをスペシャルチューニングし、最大出力430kW(585hp)、最大トルク760Nm/1750rpmを発生します。前モデルの5.5リッターAMGエンジンからの大幅ダウンサイジングですが、出力が20kW(28hp)もアップしています。

エコラインとなるGLS 350d 4MATICのディーゼル版もラインアップされています。最高出力190 kW(258hp)、最大トルク620NmというV6ディーゼルです。このディーゼルの圧縮比やインジェクターの噴射圧は不明です。ダイムラークライスラー時代に生み出された些か古い設計のOM642型なのか否かはわかりません。

これらのエンジンには、9Gトロニックが組み合わされます(Mercedes-AMG GLS63は除く)。

こう見ると、GLS 500 4MATICがコストパフォーマンスの面からも一層輝いて見えます。

オフィシャルフォト:The new Mercedes-Benz GLS: GL meets S – first-class performance on and off the road

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close