Porsche

ポルシェ ケイマン&ボクスター 遂に4気筒を搭載へ

独ポルシェは、2ドアミドシップのスポーツカー、ケイマン&ボクスターに、2016モデルから718ボクスター、718ケイマンというモデル名を与え、2016年度中に発売する、と発表しました。1957年にポルシェが世に送り出した栄光のスポーツカー「718」のモデルネームを与えるという力の入れようです。911がグランドツアラーとして成長した現在、「真のピュアスポーツカー」としてポルシェの原点に忠実とも評価されるケイマンとボクスター。2016年モデルから4気筒エンジンを搭載することにより、さらに車重が軽くなりピュアスポーツカーとしての立ち位置がより強固になります。

2016cayman1

写真は1957年に製造された718 RSK Spyderです。

ポルシェの4気筒と言えば、V4エンジン+ハイブリッドシステムでルマン24時間を制覇した919がありますが、718ボクスターと718ケイマンではV4エンジンではなく、水平対向4気筒ターボエンジンを搭載するようです。ポルシェのオールニューエンジンとなります。詳細な情報は公開されておらず不明です。
SUBARUが実現してみせたボアxストロークを86.0mmx86.0mmとスクエアにして搭載上の横幅の問題を解決するという奇抜かつ精鋭なアイデアが、ポルシェのフラット4でもあるのかどうか。
とにかく、詳細情報が楽しみです。そして、SUBARU BRZとの対比も見物です。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close