3 / 4-Series

BMW M4 GTS ニュルブルクリンク北コースの走行動画を公開

ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分28秒という速さを誇るBMW M4 GTS。ライバルとなるアルファロメオ ジュリア クアドリフォリオの7分39秒、Mercedes-AMG C63の7分46秒を大きく上回っています。BMW M社はニュルブルクリンク北コースの走行時のオンボードカメラで撮影した動画を公開しました。

オフィシャル動画:BMW M4 GTS Fast Lap Nuerburgring Nordschleife.


今年のエンジン関連技術で最も注目するべきものの一つが、BMW M4 GTSに採用されたウォーターインジェクションシステムではないでしょうか。ウォーターインジェクションシステムは、吸気のサージタンク内に3本の水噴射インジェクターを配置しており、エンジンが高負荷時に10barの噴射圧で水をスプレーし吸気温度を下げる、という技術です。

BMWのウォーターインジェクションシステムの解説


ラゲッジルーム内に5リッターの水タンクが装備されています。吸気温度を下げることにより、ノッキングの回避のみならず、過給圧を上げることも可能で、結果出力と燃費ともに向上します。BMWは、今後のMモデルにこのシステムを搭載していく、と公言しています。
一方で、ボルボS90のワールドプレミアで公表されたパワーパルスという技術もユニークなアプローチです。BMWとVOLVO。モジュラーエンジンをいち早く商品化するなど、欧州でのエンジン技術を牽引している2社と言えるのではないでしょうか。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close