Land Rover & Jaguar

2017 オールニュー Jaguar XFにAWDモデルが追加

英ジャガーは、昨年にオールニューモデルとなった「美しすぎるセダン」ジャガーXFに、2017年MYよりAWDモデルを追加することを発表しました。クーペのような流麗なボディラインの美しさは、BMW 5erやMerc E、Audi A6など競合ひしめくEセグメントの中でも特異な存在です。
エンジニアリングも孤高の存在で、アルミ合金を75%も使ったモノコックボディでセグメントトップクラスの軽量ボディを身にまとっています。5000シリーズ(RC5754)と呼ばれるアルミリサイクル素材を使用しクルマを量産できる生産技術を持つのは現在ジャガー&ランドローバーのみです。
昨日ワールドプレミアとなったメルセデスベンツEクラスのボディエンジニアリングの詳細は不明ですが、それほど先鋭的な取り組みはしていないと思われます。そして今年のジュネーブモーターショウでワールドプレミアになる予定のBMW 5erはCFRPをボディ骨格に採用すると噂されています。ボディエンジニアリングの先進性では、現時点ではジャガーXFが競合車よりも先進性で一歩先を進んでいると分析します。

ニューXFボディエンジニアリングの解説ビデオ



そして今年から発売される2017年モデルから、AWDシステムを搭載したモデルをラインアップする、と公表しました。搭載するのは、2017 ジャガーXEJaguar F-PACEに搭載されている「Intelligent Driveline Dynamics (IDD)」と言われるAWDシステムです。
このIDDは、センターデフロックとトルク配分機能を持つ電子制御式多板クラッチ、そしてフロントデフを備えるトランスファーギアボックスで構成されています。通常は100%後輪を駆動してますが、悪路に入ると各種センサーからの情報をトランスファーのECUが受け取り前輪にも駆動配分する「ジャガーが自社開発した」オンデマンド型のAWDです。BMW 3シリーズのxDriveとコンセプトは似ており「あくまでも後輪駆動」というスタンスを崩していません。

驚いたのは、このAWDシステムをチョイスできるのは、同社が「インジニウム」と呼ぶモジュラーエンジン、直列4気筒ディーゼルエンジン搭載モデルのみとなります。3.0リッターV型6気筒スーパーチャージドガソリンエンジン搭載車には設定されません。
アルミモノコックボディ+新世代モジュラーディーゼルエンジン+IDD+贅沢なサス設計。ジャガーは、この組み合わせによってEセグメントの「ゲームチェンジャー」になろうとしています。そして筆者個人的にも、もっとも欲しいクルマです。。

オフィシャルビデオ:The All-New Jaguar XF: Diesel All-Wheel Drive

オフィシャルフォト:The All-New Jaguar XF: Diesel All-Wheel Drive

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close