Porsche

2017 ポルシェ 911 ターボ 新しい写真を公開

「スポーツカーの頂点」の最新の姿。

独ポルシェは、今年の北米モーターショウでワールドプレミアとなった改良版911 ターボの新しい写真を公開しました。撮影場所は、昨年ポルシェが救済買収した南アフリカのキャラミサーキットです。

2017MYよりフェイスリストとなる911 ターボですが、3.8リッター直噴ターボのフラット6エンジンの出力アップが施されています。911ターボが520PSから540PSへ、911ターボSが560PSから580PSへとアップデート、そしてトルクも911ターボが660Nmから710Nmへ、911ターボSが700Nmから750Nm!へとアップデートされました。
プレスリリースによると、直噴のインジェクターを変更したことで出力アップを達成したようで、噴射圧も変わっているはずです。ニュー911でも圧が250barの最新インジェクターに変更されてますので、恐らく同じものだと思われます。

918スパイダーから移植した新しいステアリング

s911turbo-13

ニュー911ターボの新しい仕様として、ステアリングホイール脇にある直径3cmのボタンの存在があります。918スパイダーからの技術移転となります。「Normal」「Sport」「Sport Plus」そして「Individual」4つのドライブプログラムをボタン一つで呼び出すためにこのボタンが存在します。そして、ボタン中央を押すと「Sport Response」機能が作動し、約20秒間最大レスポンスを発揮することができます。モーターレースに触発されたポルシェらしい機能です。

また、車両の挙動を安定させるPorsche Stability Management(PSM)もアップデートされています。新たに「PSMスポーツモード」が加わりました。仕様は不明ですが、PSMの作動を解除しなくても限界的なスポーツ走行を安全にサポートしてくれる機能でしょう。

オフィシャルフォト:Turbo in South Africa

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close