7-Series

BMW M760Li xDrive オフィシャル

7シリーズにV12エンジンが復活。

独BMWは、来月開催されるジュネーブモーターショウで、ニュー7シリーズのTOPモデルとなるM760Li xDriveを世界初公開すると発表しました。M760Li xDriveは、BMW M社が手がけるM Performance Automobilesモデルとなります。



プレスを見て驚いたのが、V12エンジンを搭載しているという点です。このパワーソースは、BMWグループのロールスロイス ゴーストに搭載されるパワートレインがベースとなっています。ツインターボで武装する6.6リッターV型12気筒エンジンで、スペックは最高出力が600hp/5,500 rpm、最大トルクが800Nm/1,500rpmと公表されています。6.0リッターV12エンジンのロールスロイス ゴーストのスペックを上回っています。
BMWのV12エンジンは、バンク角が60度と狭いため、BMWのV8エンジンのようにターボチャージャーをバンク内に納める事が出来ません。よって2つのターボチャージャーはシリンダーの外側に配置されています。このターボはツインスクロール型のためエキマニの配管が非常に複雑な構造となっています。手間とコストをかけているな、と感じる部分です。
高精度ダイレクトインジェクションのインジェクターはピエゾ式で噴射圧は200bar。スペックを見ると、ポート噴射のメルセデスのV12エンジンよりも「今風」というか、燃費の面でも洗練されている感があります。

このエンジンと組み合わされるのが8速ステップトロニックです。M Performanceのクルマ向けにシフトプログラムをチューニングしています。また、ローンチコントロール機能も付いています。

「牛乳よりも安い」と言われる米国でのガソリン価格の下落から、再びハイパフォーマンスサルーンに注目が集まっています。
V12エンジンを搭載するメルセデスAMG S65、W12エンジンからV8へとダウンサイジングしたAudi S8プラス、そして今回のBMW M760Li xDrive。アウディS8の気筒休止エンジンも大変魅力的ですが、「Carbon Core」と呼ぶCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を多用した先進ボディを身にまとったBMW M760Li xDriveの方が魅力的に見えます。メルセデスAMG S65は、些か古めかしい。価値観が古いです。Mercedes-AMG S65 カブリオレの時に、「このクルマはドナルド トランプのようだ」と表現しましたが、その表現に変更を加えるつもりはありません。

オフィシャルビデオ:The new BMW M760Li xDrive.exterior


オフィシャルフォト:The new BMW M760Li xDrive.

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close