FeatureQ-Series

2017 Audi SQ7 TDI ワールドプレミア!

最も革新的なSUV。

独アウディは、ジュネーブモーターショウで同社の大型SUV「Q7」のトップモデルとなる「Audi SQ7 TDI」を世界初公開しました。メカニズムを見ると先進テクノロジー満載で、欧州車で最も先進的なSUVと言っても全く違和感のないアウディ渾身の力作です。スポーティーな外装パーツで着飾っただけのクルマではありません。今年の欧州カーオブザイヤー最有力候補でしょうか。

48V電装+電動ターボを市販車で初搭載



アウディSQ7 TDIのエンジニアリングで注目点の一つが48V電装化し、電動ターボを搭載している点にあります。欧州車の大型SUVはプラグインハイブリッドが現在主流ですが、最大のネックはバッテリーの重量です。せっかくボディ&シャシー&エンジンを軽量化しても、リアに鎮座する巨体バッテリーによって軽量化の努力が全て水の泡となっています。さらにリアが重ることにより前後&高低バランスも崩れてしまいます。英国メディアのインプレッションを見ても好意的な意見が見られません。現在のクルマの機構を大幅に変更することがなく、安価に製造できる48V電装がC02排出量削減の最も現実的な解だと感じます。
48V電装では、常時モーターのトルクを使うのではなく、必要なときのみアシストとして活用する、という考え方で設計されます。発進時、加速時、寒冷地での急速暖房。。活躍の場は多岐に渡ります。そして、このアシストで大きな仕事をするのが電動ターボ「electric powered compressor」です。市販車として電動ターボを搭載したのはアウディSQ7 TDIが世界初となります。後日、解説ビデオがアウディから公開されるはずですので、詳細はまたレポートしたいと思います。

前後サスペンションに電動スタビライザーを搭載



もう一つの新機構が、モーターで制御しスタビを電動化した「エレクトロメカニカル アクティブロールスタビライゼーション(EAWS)」です。前後のサスペンションに、ばね定数を自動制御する「電動スタビ」が追加されています。48Vシステムを搭載すると、こんな事も可能になるのか!と感心します。どのように動作するのはいまいち理解できません。こちらも解説動画が後日公開されるはずです。以下、アウディのプレスからの文言です。

このシステムにおいては、3ステージのプラネタリーギアボックスを備えた小型電気モーターにより、スタビライザーが2分割されています。クルマが不整地を走行すると、スタビライザーがアクティブに切り離され、乗り心地が改善されます。その一方で、スポーティに走行する場合には、中空のスタビライザーが内部で連結され、捻じれに対する反発力を発揮するようになって、ボディロール、つまりクルマの傾きを減らします。

コーナーリング性能を向上させる一方、悪路走行時に乗り心地が悪化するというスタビのデメリットの解消も図っているようです。

新エンジン:4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジン



新開発となる3,956ccV型8気筒ツインターボのディーゼルエンジンを搭載しています。シーケンシャル過給の2つのターボチャージャーに電動ターボによる3つの過給システムをセットしています。この新エンジンには、アウディのディーゼルエンジンとして初めてとなる可変吸排気システムの「アウディバルブリフトシステム(AVS)」を搭載しています。カムシャフトに低リフト、高リフト用の2つのカムを設け、カムシャフト全体をスライドさせて切り換えるという機構です。
最高出力320kW(435PS)、最大トルク900Nm/1000/3250rpmを発生し、SQ7 TDIがディーゼルエンジン搭載車で最もパワフルなクルマとなります。こちらのエンジンも今後詳細が明らかになると思います。

オフィシャルフォト:Audi SQ7 TDI: Driving Innovation

ファーストオフィシャルビデオ:Audi SQ7 TDI – Driving Innovation

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close