FeatureVolvo

2017 Volvo S60 & V60 Polestar オフィシャル

ボルボ史上最高傑作か?新世代!4気筒で367hp!

ポルボのパフォーマンスカー部門、ポールスターは新世代となる2017MYのS60ポールスターとV60ポールスターを発表しました。2016年までのS60 & V60 Polestarは、新しいツインスクロールターボと特注品のインタークーラーを装着した3.0リッター直列6気筒ターボを、フロントの限られたスペースに横置きするという「個性の固まり」のクルマでした。直列6気筒をよくもDセグメントカーのフロントに横置きできるものだ、と感心します。最高出345hp/5,700rpm、最大トルク500Nm/2,800rpmを発生し、0-100km/hのスプリントタイムは4.9秒。このような特異なモデルであることから世界で750台限定で展開されました。

メルセデス&アウディと真っ向勝負!4気筒パフォーマンスエンジン



搭載するエンジンですが、ボルボが自社開発した新世代4気筒ターボエンジン「Drive-E」のスペシャルバージョンです。6気筒から4気筒になり、フロントアクスル側で24kg軽量化されました。エンジン側のチューニングは、より大径のターボ、そしてイートン製のスーパーチャージャーもさらに大きなものを搭載し、コンロッドとカムシャフトは新しい部品を採用しました。パフォーマンスですが、最高出力が367hp/6000rpm、最大トルクが470Nm/3100-5100rpm、0-100km/hタイムは4.7秒と発表されています。Mercedes-AMG A45 4MATICの最高出力381hp&最大トルク475Nmには劣るものの、アウディRS3の最高出力367hp&最大トルク465Nmを上回りました。

バネ下の能力はライバルを凌駕すると言っても過言ではありません。バネレートは前モデルと同じフロントが62N/mm、リアが72N/mmという異常なほどの硬さですが、多くのジャーナリストが「角の丸さが感じられる」と評していることに驚きました。オーリング製のダンパーとの相性は抜群のようです。これぞ「高級車!」と言えるのではないでしょうか。
試乗記、特に英国のカントリーロードを走らせるAutocarのレポートを待つ必要がありそうですが、スペック的にはボルボ至上最強のパフォーマンスカーとの所感です。ボディ&シャシー&エンジンのパフォーマンスバランスは、同じ「4気筒エンジン+前輪駆動ベースの4WD」のクルマとなるMercedes-AMG A45 4MATIC、アウディRS3よりもワンランク上というイメージです。後は値段次第で、Mercedes-Benz C450 AMG 4MATICと同価格帯であれば、C450 AMG 4MATICの勝ちでしょうか。限定生産数1500台。果たして日本に何台入ってくるのでしょうか。

オフィシャルビデオ:



オフィシャルフォト:

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close