Golf

2016 ヴェルター湖ミーティング 開催迫る

オーストリアで開催される世界最大のフォルクスワーゲン/アウディのファン感謝イベント「Wörthersee Meet」の開催が5月4日と迫っています。毎年、魅力的なワンオフカーが展示されますが、昨年の話題は何と言っても「電動スーパーチャージャー」と「48Vシステム」を搭載したAudi TT Clubsport Turboでした。今年はどんなクルマが登場するのでしょうか。そして、このイベントで最もホットなのは「GTIミーティング」と呼ばれるゴルフGTIオーナーズミーティングです。



今年はゴルフGTI生誕40周年ということで、過去7世代のGTIを展示することが発表されています。1976年に登場した第1世代は最高出力110PS、「Pirelli GTI」は112PSでした。1984年に登場した第2世代は、最高出力が129PSとなりました。1991年に登場した第3世代は、150PSまでアップデートされ、110PSを発生するTDIエンジンを搭載した「GTD」も投入されました。そして1998年に登場した第4世代は、「25 Years of GTI」という特別車で180PSを達成しました。さらに進化は続き2004年に登場した第5世代で最高出力200PSの大台を達成。「30 Years of GTI」という特別車で230PSへと進化させています。2009年に登場した第6世代では中高速コーナーリング時のアンダーステアを軽減する「XDS」を初搭載。コーナリングのドライビングプレジャーをワンランク挙げたとも言われる秀逸デバイスです。「Golf GTI Edition 35」で最高出力235PSを達成しています。そして2012年に登場した現行型の第7世代。今年のGTIミーティングで世界初公開される「Golf GTI Clubsport」は290PSを達成。145PS/リッターという驚愕のパフォーマンスです。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close