SL / SLK / GT

Mercedes-AMG GT R 走行動画を公開

独Mercedes-AMG GmbHは、先日発表したGTシリーズのトップ・モデル、GT Rの走行動画を公開しました。当ブログでエンリーした記事で、サスペンション周りの変更については詳細不明と書きましたが、autocarに一部内容が掲載されていました。その他、詳細情報も出てます。

オフィシャルビデオ:The new Mercedes-AMG GT R: driving scenes


autocarの記事によると、前のウィッシュボーン、ステアリング・ナックル、ハブ・キャリアが鍛造アルミニウム製となった、とあります。スタンダードのGTやGT-Sのフロントのウィッシュボーンも、鍛造アルミニウム製だと思ってましたが、リアのウィッシュボーンだけだったのでしょうか?
あと、判明したのが、通常のブッシュに代えて新しいベアリングを採用し、トーインの値を大きくしているようです。トーンインの値は何℃かはわかりません。
ノーマルのGTのサスブッシュは意外?にも通常のゴム製でした。良い意味でも悪い意味でも生々しさのあるブッシュ弾性ですが、高負荷時での機動に「甘さ」が混じることも否めません。といっても、スタンダードなGTでもブッシュは相当締め上げていると思われますが。

LSDは電子制御LSDの方らしいです。スタンダードなGTには機械式のLSDが搭載されています。

あと、非常に気になるのが、メルセデス-AMGとして初めての採用となる後輪操舵システムです。リアアクスルステアリングと言えば、新世代ポルシェ911で初採用されたことは記憶に新しいところです。かなりポルシェ911を意識しています。。操舵させる角度は最大1.5度ということで、ポルシェ911と同じですね。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close