FeaturePorsche

2017 ポルシェ パナメーラ ワールドプレミア

独ポルシェは、第二世代となる同社のラグジュアリーサルーン「Porsche Panamera」をベルリンでワールドプレミアしました。プラットホームからエンジンまで全面刷新したブランニューカーへと進化しています。


プラットホームですが、VWグループでポルシェが技術開発を担当する後輪駆動車用「MSBプラットフォーム」の第2世代をベースにしています。MSBはVWグループでフルサイズカーを担当しており、ポルシェパナメーラとベントレーの各モデルに展開されています。今のホットな話題は「次期アウディA8は、MSBとなるのか、それとも引き続きアウディが主幹のMLB Evoとなるのか?」です。


エンジンには、新型のV6、V8共にツインターボ仕様のニューエンジンを採用しました。V6ツインターボエンジンは、前モデルの3.0リッターV6スーパーチャージャーからのリプレイスとなります。先日発表されたアウディS4に初搭載されたエンジンがベースとなっています。ターボですが、ポルシェの十八番とも言えるVGターボではなく、現在のトレンドを踏襲しツインスクロール式としています。ガソリンエンジンでVGターボを搭載するエンジンを製造するのはポルシェだけです。ただし、このV6&V8エンジンは、アウディとポルシェの共同開発エンジンであること、そしてV6なので排気干渉の面でVGターボは困難な面があったのかもしれません。V6ツインターボを搭載するモデルはPanamera 4Sとなり、最高出力324kW(440hp) を発生します。


ボディエンジニアリング、シャシー、トランスミッションなど、その他、詳細情報はこれから明らかになってくると思われます。

オフィシャルフォト:The sports car among luxury saloons

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close