AudiOthersPorscheTT-Series

Nissan 370Z vs Audi TTS vs Porche Cayman

日産が展開している370Zにスポットを当てたアグレッシブな広告キャンペーンが欧州で話題になっています。370Zは、ドイツプレミアムブランドのAudi TTSやPorche Caymanと比べ、安価でハイパフォーマンスだ、という主張です。

このキャンペーンの展開当初、日産がポルシェのロゴを無断使用したことに対し訴訟も辞さないとポルシェから警告を受けていましたが、ストップする気配もなくキャンペーンは次の展開へと進んでいます。

「次の展開」というのが、下2枚の写真。ロンドンのストリートに展示中とのことです。





アウディTTSに以下の文字をプリントして「ドレスアップ」しています。
“More expensive, slower and less powerful than a Nissan 370Z”
「アウディは高すぎる」という価値観に欧州市民も納得しているのではないでしょうか。TTSは2リッター直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボに6速Sトロニックが組み合わされます。最高出力が265hpというダウンサイジング&ハイパフォーマンスの申し子的な存在です。しかし、4気筒の車に£34,760(日本円で約462万円)も払うのか?という英国市民も多いでしょう。
さらに、日本では価格が上積みされ687万円(定価)となっています。*この日本と英/米間の価格差は一体何でしょうか。日本人だから暴利を取れ、ということなのでしょうか。

ちなみに、370zは自然吸気の3.7リッターV6で最高出力が331hpというハイパフォーマンスカーです。BMW Z4 sDrive35iの300hpを上回ります。






そして、もう一台、Porche Caymanに送ったメッセージ。
“I dream of being as fast as a Nissan 370Z”
ケイマンですが、2.9リッターのFlat 6で最高出力265hpです。


日産は、370Zに続きGT-Rについても同様のキャンペーンを展開すると言っています。
ジャーマンカーゾーンなど、欧州車の掲示板を見ていても、競争が活性化するという意味で好意的に捉えている人も多いようです。

ちなみに「370Z」という商品名でほっとしている。日本の商品名「フェアレディーZ」は、さすがに車のパフォーマンス競争以前に諸外国から失笑を買いそうだ。

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close