2017 Range Rover Sport 4気筒ディーゼルエンジンを搭載へ

2016年8月17日
981 Views

フルサイズSUVのフルダウンサイジング。

英ランドローバーは、同社のフルサイズSUV「Range Rover Sport」の2017MY(今年冬発売)の詳細を発表しました。大きなトピックはボンネット下にあり、何と4気筒ディーゼルエンジンを搭載する点です。

2017rls-6

2014年に新設したエンジン工場で完全自社開発・製造されているモジュラー設計ディーゼルエンジンです。新しいエンジンですので、コモンレール式燃料噴射システム、噴射圧2200barのソレノイド式インジェクター、VGターボ、排気側に可変バルブタイミング機構を装備するなど、新世代ディーゼルの基幹技術は全て網羅しています。エミッション規制や燃費対策も万全で、低圧クールドEGRや尿素SCRで対応しています。シリンダーヘッド&ブロックはアルミ合金製で、軽量な点も燃費向上に寄与しています。

オフィシャルフォト:NEW ENGINE AND ADVANCED TECHNOLOGY FOR RANGE ROVER SPORT