AlfaRomeoFeature

2017 Alfa Romeo Giulia Veloce オフィシャル

伊のスポーツカーブランド、アルファロメオは同社の後輪駆動アッパーミドルセダン「アルファロメオ ジュリア」に「ジュリア ベローチェ」と呼ぶクルマをラインナップに加える、と発表しました。トップエンドがクアドリフォリオ、ミドルレンジが今回のベローチェ、という位置づけです。今月末から開催されるパリモーターショウでワールドプレミアとなります。

ジュリア ベローチェの基本仕様ですが、最高出力280hpを発生する2.0リッターターボエンジンに8速AT、そして同社が「Q4」と呼ぶ全輪駆動システムを組み合わせたモデルとなります。

sguliavelo-1

2.0リッターのエンジンは、新開発エンジンのようで、2015年4月に4気筒エンジンを開発しているニュースが出ました
プレスでは、「オールアルミ製」と表現しています。フィアットグループの十八番技術、電子制御の可変バルブ機構「マルチエア」を搭載しており、直噴の噴射圧は200barという高圧システムを採用。この新開発の4気筒エンジンに大きな興味を持ちますが、詳細はプレスサイトでは公表されておりません。

そしてQ4全輪駆動システム。システムは、トルセンC型センターデファレンシャル方式である点は変更ないと思われます。以前のアルファのQ4システムはフロント:リア=43:57に駆動配分していましたが、今回の新開発Q4は、通常はリアに100%を配分しており、前輪のトラクションが失われると最大60%までフロントに配分するという内容のようです。

オフィシャルフォト:Alfa Romeo Giulia Veloce

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

Close
Close