2017 ランドローバー ディスカバリーが遂に公開!

2016年9月29日
981 Views

英ジャガー&ランドローバーは、同社きってのオフロードSUV「ディスカバリー」の新型に関する情報を公開しました。ディスコには27年の歴史があり、累計120万台を全世界にデリバリーしてきました。そして、今回発表となった第5世代となるディスコですが、7シーターが標準のフルサイズSUVとなり、スマートフォンでシートを調整できる世界初の機能が搭載されています。

ファーストオフィシャルビデオ


全長は4,970mmで、7シーター対応のフルサイズSUVとしては標準的な大きさですが、3列目のシートは大人が利用してもコンフォタブルという点を強調しています。他社の7シーターの3列目は子供対応という仕様が多いようです。

ボディですが、ジャガー&ランドローバーの今や十八番となったアルミボディとなり、何と先代に比べ480kgもの軽量化を達成しています。オールアルミのクルマを量産する技術は、今や英ジャガー&ランドローバーしか持ち合わせていません。新世代ディスコは残念ながらオールアルミではないようですが。

サスペンションは、リアにマルチリンクのインテグラルリンクとした点は、弟分のディスカバリースポーツと同じです。コイルスプリングとダンパーを切り離してレイアウトしており、室内(3列目シート)にサスタワーが張り出さないよう工夫がされています。ナックルはアルミ合金製で3本の短長アームで支える構造です。形状がユニークで、前側ロワアームがなぜか極端に短いです。機械的にどのような狙いがあるのか、素人の筆者では理解できません。
そして何よりも興味があるのは、オプションにマグネライド可変ダンパーが設定されるのか否かです。プレスをざっと見ましたが見当たりません。マグネライドは作動油の粘度をコントロールして減衰力を連続的に変化させるため、機械的に動く部分がないため応答性が高いのが特徴です。かくいう筆者もマグネライドダンパーを搭載したアウディS3を試乗した経験がありますが、ビシッと狙った減衰力を発揮する能力の高さに驚愕したのを覚えています。

その他、エンジンやシャシーなど詳細情報が今度出てくると思われます。

オフィシャルフォト:LAND ROVER REVEALS NEW DISCOVERY