AlfaRomeoVolkswagen

噂 VWがAlfa Romeoの買収に興味を示す?

AutoNews、Car&Driverなど主要メディアが一斉に報じているのがVWがAlfa買収に興味を示している、という噂。VWの9つのブランドポートフォリオ(VW, Audi, Seat, Skoda, Bentley, Lamborghini, Bugatti, そしてPorsche)には無い、ミドルクラスのスポーティーメーカーを加えよう、という魂胆だ。

Fiatグループはこの噂に対し素早く対応。Fiatグループの総帥セルジオ・マルキオンネは「VWグループにFiatグループのブランドを売却する意思は現時点で全くない」と声明を出しています。

この噂話の事の発端は、セルジオ・マルキオンネ氏がFiatグループのストラテジーで投資家に発表している「AlfaRomeoは年間50万台販売する」とのプラン。アナリストの間で、このプランの実現性に疑問点が出ています。

クレディスイスのアナリストは、「アルファロメオが50万台販売する事は可能かもしれない。ただそれはVolkswagenへブランドを売却した後の話だ」とコメントしています。

そして、アルファのもう一つの懸念は赤字を垂れ流している可能性がある、ということ。アナリストの試算だと年間約200億円の赤字なのでは?とも言われています。VWの配下に入ればプラットホーム、パワートレイン、部品の共有が可能となり、必ず利益が出るでしょう。

そして、この話が現実的に思えるのは、セルジオ・マルキオンネ氏が「生粋の自動車マン」ではなく「グローバル企業の経営者」である点です。Fiatグループが利益を出し続ける「最適解」を模索する可能性は十分にある。

モーターファンとしては、「イタリアの情熱」がまた一つ消えることになれば、残念で仕方が無いです。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close