2018 Porsche 911 GTS オフィシャル

2017年1月15日
887 Views

独ポルシェは、後輪駆動の911カレラ、全輪駆動の911カレラ4、それぞれクーペとカブリオレにGTSモデルをラインアップする、と発表しました。
911の改良版「991/2型」は、2015年の秋に公開されましたが、自然吸気の水平対向6気筒エンジンが遂にターボ過給を受けた、という衝撃は今でも記憶に新しいところです。電制のウェイストゲートを備えるターボチャージャーを対向する左右に1基づつ搭載する、という贅沢な仕様です。そして今回発表の911 GTSでは、スタンダーの911に比べ出力を22kW(30hp)アップデートしており、最高出力が331kW/450hpとなりました。
最大トルクは550Nmを発生し、2150〜5000rpmの広範囲で引き出すことが出来ます。

そしてGTSモデルには、エンジンのみならずシャシーにも手を加えられており、ポルシェの他モデル同様にダンパー減衰力の可変機構「PASM(ポルシェアクティブサスペンションマネジメント)」が標準搭載となり、標準モデルより10mm車高を下げています。

オフィシャルフォト:The new 911 GTS models