BMWZ-Series

BMW Concept Z4を公開

次期Z4のプリプロダクションモデルか?

独BMWは、世界中のクルマ好きが注目する恒例のクラシックカーイベント「ペブルビーチ・コンクールデレガンス(Concours d’Elegance at Pebble Beach)」において、次期Z4のコンセプトモデル「BMW Concept Z4」を公開します。このコンセプトカーのキャッチフレーズは「Freedom on four wheels.4輪の完全な自由」。BMWデザインチームのトップ、Adrian van Hooydonkは「全面的な駆動機である」とも表現しています。

BMW Concept Z4は、長いホイールベース、低床、伸びたシルエット、コンパクトなリアエンドなど、伝統的なBMWロードスターデザインのキューを採用していますが、現行のZ4と比べボンネットが短くなっている感があります。

BMWの後輪駆動車は「前輪ホイールハウス後端からドアの開口線に一定の長さを保ち、かつ、Aピラーの延長線が前輪中心に一致する」という、憲法のようなデザイン文法を持ってます。コンパクトハッチの1シリーズでさえ、エンジンはフロントミッドシップにし、室内空間を車体中央に近づけてAプラーを立たせて室内空間を犠牲にしてまでも、このデザインキューを堅持しています。

ただし、BMW Concept Z4には、この文法が当てはまっている感がありません。※写真が少ないので確信はできませんが。2013年にBMWとトヨタが業務提携すると発表された中で成果物は次期スープラとZ4の共有にあると推測されていましたが、もしかして次期Z4はトヨタのプラットホームでは?と邪推をしてしまいます。エンジンを横置きしたFFなのでしょうか?ちなみにプレスリリースでは、メカニズムに関しては触れられておりません。

このコンセプトカーの写真を見るとかなりの完成度ですので、生産版を見据えたものとなっているはずです。メカニズムの詳細も近々明らかになるはずです。

フォトコレクション

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close