AlfaRomeo

2018 Alfa Romeo Stelvio Quadrifoglio 市販SUVで最速となる

ポルシェ カイエンターボよりもダントツ速い

伊アルファロメオは、間もなく発売を迎える同社の歴史で初となるSUV「ステルビオ」がニュルブルクリンク北コース(ノルトシュライフェ)でラップタイム「7分51秒」を達成した、と発表しました。このタイムはSUVセグメントで最も速いタイムとなり、「SUV界の最速ランナー」ポルシェ カイエンターボの7分59秒を超えたこととなり、新たにアルファロメオ ステルビオクワドリフォリオが世界最速のSUVの称号を与えられることになります。

最高出力510HPを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジ、トルクベクタリングディファレンシャル、シャシードメインコントロール(CDC)、パドルシフターを組み合わせた革新的なQ4全輪駆動システム、などアルファの新技術が詰まったアルファ渾身の新型車両です。

恐らく、このタイムを超えるSUVはしばらく出てこないでしょう。車重が重く重量バランスの悪いポルシェ カイエンやBMW X5/X6では7分51というタイムの達成は不可能で、ステルビオを追い抜くとなると軽量セグメントになりますが、今後の発売が確実視されているアウディRSQ5やポルシェ マカンターボは、そもそも曲がりくねった道を征服するようには設計されていません。

パーフェクトボディバランスの50/50の重量配分、セグメントトップクラスのねじり剛性、カーボンファイバー製ドライブシャフト、軽量素材を取り入れたダイレクトなステアリングシステム、わずか150ミリ秒でシフトする特別設定の8速スポーツAT、175hp/リッターという異次元の出力、オールアルミの軽量V6エンジン、先鋭のトルクベーキングディファレンシャル。。

SUVセグメントにおいて、レーシング走行機能では敵が不在の状態です。

 

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close